今やるべきことは、オンライン「でしか」できないこと

今、コロナの影響で

色んな変化が起こっています。


ZOOMを使った遠隔飲み会が行われていたり、

飲食店がテイクアウトに力を入れたり、

自宅で仕事をするリモートワークに
移行されていたり、

本当にここ数ヶ月で

世の中がガラっと変わっていることは

ほとんどの人たちが

感じていることでしょう。


サッカー界も同様で、

これまでグランドで行われていた

「オフラインのサッカー」を

ほとんどのチームが

「オンラインでもできるサッカー」

に切り替えて、

様々な工夫を凝らして

なにかしらできることを模索し

努力しています。


本当に素晴らしいことだと思います。


何より大事なのは

「子供達のために」という

一生懸命な気持ちなので、


SNSで指導者の皆さんが
動画配信を行なっていたり、

仮に自分が動いて
動画配信をできなかったとしても

他の人の動画を引用するなどして
子供達へ宿題として与えることとか

できることは必ずあります。


実際REGATEドリブル塾のところにも

県内・県外・海外問わず

多くの指導者の皆さんから

「REGATEの動画を引用させてほしい」

との問い合わせが

かなりきています。


当然僕たちも

この想いに対しては

2つ返事で、

「好きに使ってください!お互い頑張りましょう!」

と、答えさせてもらっています。


僕たちの活動が

サッカー少年・少女の
ためになれたら

こんなに嬉しいことはないです。



REGATEドリブル塾でも当然、

以前から動画配信には力を入れていたので

「オンラインでもできるサッカー」

への切り替えは必然でもあり、

ここに関しては割とスムーズに

出来ました。


ただ、

ここで考えなけらば

ならないと思ったのは、

「仕方ないからオンラインで」ではなく、

「オンラインだからこそできること」

をやることです。


多くの人がオフラインに対して

これだけ真剣に工夫した時代は

今までなかったので、

人々の「オンラインに対するハードル」は

明らかに史上最低で低くなっています。


僕の息子(3歳)がYouTubeを見すぎて

「アンピャンマン」と音声入力検索

を覚える始末です。

#アンピャンマンではアンパンマンは出てこないので結局父が入力してあげます


ZOOMでテレビ電話をしながら
お酒を飲むなんて

今まで誰もやってなかったし

やろうともしなかったはずです、笑



しかし、

コロナが仮に一旦

落ち着きを取り戻すと

ビフォーコロナのような

生活に戻り、

ZOOMで飲み会を

開いていた人たちも

「やっぱり居酒屋で飲む方がいいよねー」

ってなるはずです。

#少なくとも僕は居酒屋派です



なので、今こうしてせっかく

オンライン化に時間を割けられるなら、

アフターコロナ後で

オフラインからの出戻りがあっても

活かせるオンライン化、

「オンラインだからこそできること」

でオンライン化を進めるべきです。


REGATEドリブル塾の活動を

例に挙げると、

YouTubeライブでやっている

オンラインドリブル塾は

ライブなのでオンラインでも

一緒にやっている感もあって

リアルタイムで

チャットで質問にも答えられ、

アーカイブ(録画)を残せば

いつでも、どこでも動画を見返せるので

自分のペースで何度でも復習できます。


これは

「オンラインだからこそできること」です。


技術の習熟度を図る意味では

むしろこっちの方が

いいかもしれません。



ZOOMで選手と指導者が

面談をするっていう方法も、

選手と指導者双方で

知ることができたので、

今後はより一層

選手の悩みや感じていることを

プライベートな空間で

指導者が聞き出して

それに応じて練習メニュー決めるなど

改善方法がより

効率化してくるかもしれません。


これに関しても、

直接会って話すより

ZOOMの方が

言いたいことを言いやすい

という選手もたくさんいるはずですし、

選手も監督も「会う」という

スケジュール調整に対し、

オンラインだと場所にとらわれない分

面談を行うハードルも低くなります。

これも

「オンラインでしかできないこと」です。



こんな感じで

今せっかくオンライン化に

時間を割いているのであれば

アフターコロナ後でも

「オンラインだからこそできること」

を上手く活用できるように準備してた方が

無駄がありません。


もしかしたら、

Withコロナとして、

第2波、第3波で

感染症拡大の可能性もあり

またいつどこで

オフラインの活動に

制限がかかるかわかりません。


そんな時に慌てないためにも

何かしら有効なオンライン化を

進められることは

今私たちが求められていることです。



最後に、

REGATEドリブル塾の

YouTubeライブを使った無料の

「オンラインドリブル塾」

はかなりの反響をいただいており、


これまで県外の方達からの

「REGATEドリブル塾のスクールを開いてほしい」

という要望には

なかなか応えられていませんでしたが、


「REGATEドリブル塾 YouTube校」


というイメージで

全国どこにいても通える

オンラインスクールを開校し、

多くの子供たちが喜んでくれています。


僕たちの動画を見ながら

一緒にトレーニングしている動画を

全国のお父さん、お母さんが

インスタでアップしてくれいて

それを見るのが最近の僕たちの

楽しみです、笑。


コロナの自粛期間限定にはなりますが、

必ず楽しいスクールにするので

ぜひ遊びにきてください!

毎週日曜19:00から

ライブ配信です!※5月末まで




TAKUYAコーチ