はじめまして。
REGATE(レガテ)沖縄ドリブル塾、代表の奥平卓也と申します。
このページをご覧になられているあなたはきっと、お子さんに対して

  • ドリブルが苦手で、いつもボールを奪われる
  • 他の子と比べて個のスキルが足りない気がする
  • 試合中の状況判断が苦手
  • 一対一ではいつも負けてしまう
  • なかなかレギュラーに選ばれずに悔しい思いをしている
  • ボールを持つと、すぐに慌ててしまう

などの悩みを持っているかと思います。

でも、ご安心ください。
今のあなたと同じように、多くの子供たち、保護者がこのようなことで悩んでいるのを見てきました。

体格差をカバーしたドリブルの力

僕は小学校2年の頃からサッカーを始め、大学までサッカーを中心にやってきました。
しかし体格には恵まれず、小学校の頃から「上は目指せないだろう」そう言われ続けてきました。

しかし僕は小さな体格ながらも、沖縄県選抜に選出されたり、沖縄県の強豪校にも進学することができました。
また、大学では県外でサッカーをさせて頂き、東海一部リーグでも活躍することができました。

体格の劣っていた僕が、ここまで評価された理由。
それは「ドリブルスキル」があったからです。

もしも、あなたのお子さんが今、ドリブルスキルに自信がないとか、一対一で負けてしまうとしても、大丈夫です。
僕と同じように、体が小さくて、いつも体の大きな子に負けてしまっていたとしても心配ありません。

個のスキルの代名詞でもある「ドリブルスキル」を身につけるだけで、サッカーの戦い方や選択肢が何倍にも増えるのです。

今回は、その理由を説明します。

攻撃の選択肢を増やすだけで個のスキルは上がる!

例えばある選手が、ゴールの近くでボールを持ったとします。その人が、ドリブルが全くできない選手だとしたら?守るディフェンス側は、すぐにボールを奪いにきますよね。

しかし、その人が、パスも上手かったら・・・?
相手は「パスを出すかもしれない」と思って、警戒します。

さらに、ドリブルが上手かったら・・・?
相手は「抜かれたくない」から、距離をある程度あけなくてはいけなくなります。

そうやってオフェンス側(ボールを持っている選手)に、
攻撃の選択肢が多ければ多いほど、実はボールは奪われにくくなるんです。

先ほども記述しましたが、ディフェンス側はドリブルが上手い選手に抜かれたくないので、ある程度距離を取ろうとします。

距離が離れると、攻める側としては、シュートも打ちやすくなりますし、パスも余裕を持って出すことができます。

メッシや、ネイマールも、あのドリブルスキルがあるから、パスもシュートも余裕を持ってできる、というわけなのですね。

なので、まず身につけるべきは、ドリブルのスキルです。

ドリブルは、個人練習で高めることができます。

ドリブルスキルがあれば、相手は警戒します。しかも、ドリブルスキルはやればやるほど上達していきます。

ですが、チームに所属している子は、チーム全体の練習しかできません。

特に日本は、圧倒的に個人練習の時間が短いのです。

個のスキルが求められる今だからこそ、ドリブルに特化して個別に練習する「環境」が必要なのです。

ドリブルが持つパワーを体感する

僕がドリブルを通して、沖縄の子供達に伝えたい事があります。
それは、決してサッカーの技術向上の事だけとか、試合で活躍するような事だけではありません。

それは「トライ(挑戦)」です。

ドリブルというのはサッカーというスポーツの中でも「トライ(挑戦)」の要素が根強く現れる技術です。

一瞬の判断で、決断し、それを実行する。

自分の決断によって、多くの成功体験や失敗の体験をするかも知れませんが。それでも、トライするという意欲を、僕はドリブルというものを通して伝えたいと思っています。

ミスをするかも知れない、それでも何度も成功するまでチャレンジする姿勢…

これが、このスクールで一番にお伝えしたいものです。

もしもあなたのお子さんが

  • もっとサッカーが上手くなりたい!
  • レギュラーを勝ち取りたい!
  • 一対一で負けないようになってほしい!
  • ゴールをたくさん決めてほしい!
  • 純粋にサッカーを楽しんでほしい!
  • 自分のプレーに自信をもってほしい!

そう思うのなら。

ぜひ、一度、ドリブルに特化した練習がどのようなものか、見に来て体験してみてください。

体格が小さくても、ボールコントロールが苦手でも、楽しみながら、遊びの中で身につけていきます。

まずは、無料体験に遊びに来てみてください。

きっと、お子さんの笑顔が見られることだと想います!!