好きを続ければ可能性が広がる

今日は、

「好きなことを続けていると色んなチャンスが舞い込んでくるよ!」

というテーマでお話しします。



言わずもがな、

僕はサッカーが大好きです、笑。



小学2年生の頃からサッカーを始め、

小学5年生の頃にはプロへの道を志すようになり、

大学3年生まで本気でプロだけを目指し、

サッカーに多くの時間を費やしてきました。



結果プロにはなれず、

それが1番の挫折でしたが、

一度会社員として社会人も経験し、

回り回って結局サッカーを

仕事にして生きています。



素直に、

好きなこと(サッカー)に

夢中になれて、毎日が楽しくて、

本当に幸せです。



苦しいこと、悔しいこと、

きついこともちろんたくさんありますが、

好きなことを夢中でやり続けているので、

それも含めてがんばれます。



好きなことを夢中でやり続けていると、

本当に思いもよらないところから

チャンスが巡ってきます。



自分が指導者になるなんて、

プロを目指し夢中でボールを追いかけていた頃には

1ミリも考えていなかったし、

YouTuberをやっている未来なんて

当然考えてもいませんでした、笑。



好きなこと(サッカー)を続けていた延長線上に

「YouTubeを始める」という

行動を取った結果、

今の活動につながっています。



今では、YouTubeをキッカケに

色んなチャンスが巡ってきます。



プロサッカー選手やレジェンドとのコラボも、

本の出版も、大手スポーツメーカーとのお仕事も、



すべてYouTubeがなかったら

舞い込んでこなかったチャンスです。



すごい指導者から

直接教わる機会をいただけたり、

ヨーロッパのサッカーを学ぶために

撮影を兼ねながら旅に出たり、

指導者としてのスキルアップにも

つながっています。



そういったチャンスに

がむしゃらに飛び込んで、

連鎖的に次のチャンスにつながり、

可能性が広がっていきました。



これは間違いなく好きなことを

やり続けてきた結果です。



だから子供たちにも、

好きなこと、

夢中になれることは

迷わずやり続けてほしい。



本気でそう思います。



僕も自分の子には

好きなこと、

夢中になれることは

とことんやらせるつもりです。



僕もやりたいことを両親に

止められたことは一度もなかったので。



危険な道にそれない限りは、

好きなこと、やりたいことは

とことんさせるつもりです。



それが例えサッカーじゃなくても…笑
(本音ではやってほしい…笑)



好きなことをやり続けている過程には、

必ずその子の成長があります。



それは大人になった時に必ず財産になります。



それを今まさに体感しているからこそ、

自信を持って言える。

「今はとにかく好きなことをやり続けろ」、と。



子供たちの好きなことがサッカーであるならば、

さらにそれが好きになれるようにがんばります。



それがレガテの役割です。



好きなことから可能性は広がる。



これからも好きなことをやり続けて

自らももっとそれを証明していきます。



一緒にがんばっていきましょう!



タクヤコーチ