【サッカーは1対1の連続】

https://youtu.be/xflH-P76m9I

出張ドリブルクリニック in FC西崎開催させて頂きました。

子供達とガチンコ1対1対決を行い、

・間合いの取り方
・相手DFとの駆け引き
・フェイントをかけるタイミング

を実践しながら伝えました。

 

サッカーは1対1の連続です。

 

1対1で「いつでも相手を抜ける」という自信があれば、

他のプレーの選択肢も生まれます。

 

ドリブルがうまい、足元の技術が高いと分かっているプレーヤーに

相手DFはむやみに飛び込む事はできません。

 

メッシをイメージすると分かりやすいと思います。

むやみにボールを取りに行くと簡単にかわされる。

相手DFが簡単に飛び込めないからこそ、
メッシには「いくつもの選択肢」が生まれています。

 

そして、メッシがボールを持っている雰囲気でだけで伝わる、

「1対1の絶対的な自信」

これは相手DFに恐怖すら与えていることでしょう。

 

 

逆に1対1で自信がない、

足元の技術に自信がないと

単に「逃げのパス」しかできなくなる恐れがあります。

 

良いパス回しも、

1対1に絶対的な自信があるからこそ生まれるものです。

 

小学生は特に、この時期だからこそ、

「1対1での相手との駆け引き」は絶対に身につけてほしいと思います。

 

今回のドリブルクリニックで

 

1対1で相手と駆け引きする事の楽しさが

 

子供達に伝わっていると嬉しいですね^ ^