この状況でもやれることは必ずある

 

先日、

レガテドリブル塾・沖縄スクールのスクール生が、

FCバルセロナの

日本でのサッカーキャンプ
(バルサのコーチが直接指導するサッカークリニック)に

参加したことを記事に書きました。



そして、その時の期間に

「西宮のメッシ」こと、

テレビで話題の山崎とあ君が所属する、

「西宮SS」の練習にも参加してきたそうです。



約1年前に も参加しているので、

久しぶりに練習に参加して

お父さんが感じたことを

レポートしてくれていたので

ここでも共有したいと思います。


===レポート===

同じ場所、同じメンバーでやってると、

日々の成長に気付く事が難しいけど、

約1年ぶりに、同じ場所、同じメンバーでやると、

・伸びてるのか?

・逆に伸びてないか?

を鮮明にしてくれた。



息子はこの沖縄のコロナ禍でも、

環境のいい西宮の子達に負けず

個の技術が格段に伸びていた!



これは沖縄の子ども達にも朗報。



厳しい環境でも、親が腐る事無く、

独自の工夫をしてトレーニングを積めば

大丈夫だという事です。



バルサキャンプは

あまり個の技術とは関係ない。

でも西宮の場合は、ゲームもなく

ただひたすらドリブルやリフティングの練習なので、

周りと比べやすく、さらに1年ぶりなのでよくわかる。



僕は毎日、どこでサッカーするか?

頭を悩ませ、考え、できるところならどこにでもいった。

多くの時間を使ってきた。



そうしてきたらこんな驚きの結果が待っていた。

沖縄でもきっとできる。大丈夫!



===レポート終わり===

1年前と同じ場所、

同じメンバーと再び一緒に練習してみて、

技術が伸びていたことを感じられたそうです。



僕がこれを聞いて感じたことは2つ。

一つは、

他の場所でサッカーする

機会もつくることで、

自分の今の「現在地を知る」

に繋がった
ということ。



そしてもう一つが、

逆境に置かれても、結局は

プラスに向かうための行動を取れるかで

その先の結果が変わってくるということ。



大ちゃんのお父さんからの

レポートで改めて感じられました。



もちろん今は、

なかなか行動もしづらい状況が続いてはいますが、

それでも何かできることはあるはずです。



僕自身も、お父さんの工夫や行動力を

見習わなければならないと痛感させられました。

まだまだやれることはありますね。僕も頑張ろうと思えました。

素晴らしいレポートに感謝です。


ありがとうございました!



タクヤコーチ