「結果」よりも「過程」を褒める

「褒める」という行動は、

子育てまっただ中のお父さん、お母さんや、

指導者にとって、

子供たちの成長を促進する上で

とても大切なアクションです



同時に、

どのタイミングで褒めるべきなのか、

なんでもかんでも褒めた方がいいのか、

それが甘えにつながらないか等、

私たち大人にとって

とても難しい課題でもあります。



結論からいうと、

「とりあえず褒める」

というのはNGで、

褒め方にも工夫が必要です。



「褒めて育てるはキケン」と

発言する脳科学者もいるほど、

子育てにおける「褒め方」には

注意が必要です。



「褒め方」によって、

子供たちのチャレンジ精神が育まれるか否か

分かれてくると言われています。


失敗を恐れるのは結果を褒められた子

あるこんな実験で、

400人の子供たちにテストを行い、

実際の点数は教えずに

「100点中80点だったよ」

と1人1人に結果だけを伝えた上で、

グループ別に次のようなコメントを残したそうです。



グループ1:「本当に頭がいいんだね」と褒める。

グループ2:「努力してたからね、だからこんなにいい点数が取れたんだね」と褒める

グループ3:何のコメントもしない




そしてさらにその後、

今度は子供たちに

やさしい問題と、難しい問題の

どちらかを選んでもらい

チャレンジしてもらいます。



「本当に頭がいいんだね」と褒められた子供たちは

自信を深め、さらに難しい問題にチャレンジしそうですが、

そのグループの65%の子が

やさしい問題を選ぶという結果が出ました。



反対に、

「努力してたからね」と褒められたグループの子供たちの

90%は難しい問題にチャレンジする結果が出ました。

【子供に対する褒め方と難しい問題を選ばなかった子の割合】

グループ1:「頭がいいと褒める」 65%

グループ2:「努力したね」と褒める 10%

グループ3:何も言わない 45%




「本当に頭がいいんだね」と

褒められたグループ1の子供たちは、

難しい問題を回避する割合が最も高くなりました。



これは、「頭がいいね」と褒める、

つまり結果を先に褒めることで、

「もっと褒められたい、そのためには良い結果を出すのが一番だ」

となってしまい、

確実に良い成績を見せられる方を

選んでいると考えることができます。



ある意味、

大人たちが結果だけを先に褒めてしまうことで、

子供たちが難しい課題にチャレンジする気力を奪い、

優しい問題を選択させる圧力をかけていることになります。


挑戦を恐れない子どもをつくる褒め方

では、どのような褒め方をするのがベストなのか。


その答えのひとつは

「結果」ではなく、「過程」を褒めることです。



その子がどんな努力をしてたのか、

目標に向かってどんな行動をしたのかに着目して、

そこを一番に褒めて上げることで、

「挑戦していたその子の姿勢」を

称賛することになります。



そうすることで

その子は「挑戦することはいいことなんだ!」と考え、

失敗を恐れないチャレンジする心を育てます。



もちろん、

子ども達にもそれぞれの個性があり、

いずれにせよその子に合わせる工夫も必要ですが、

挑戦をする子供の姿勢をしっかり見守り、

結果に関わらずその努力を認めてあげることは

とても大切なことです。



なんでもかんでも褒めることは簡単なことですが、

褒め方ひとつとっても、

その子の成長に大きな影響を与える部分になってきます。



お父さん、お母さんや指導者側にも、

子ども達の努力や工夫を

発見してあげる努力は必要ですね^ ^

「子供の褒め方」について

少しでも参考になれれば嬉しいです。



僕もサッカーの指導者である以上、

2児の父親である以上、

日々こういうところから努力して頑張っていきます。




タクヤコーチ