【出張ドリブル塾in那覇プリテン】

動画→ https://youtu.be/lLeo0g1dk3A

 

那覇プリテン様よりご依頼頂き、

出張ドリブル塾を開催させて頂きました(^^)

今回のテーマは「間合い」

サッカーでいう「間合い」とは、

1対1の際の相手と自分との距離のことです。

ドリブルで1対1を制するには、

この「間合い」が最も重要なポイントです。

「相手の足が届くか届かないかの絶妙な間合いで駆け引きをする」

今回はそれを最も強調して実践しました。

ここで言う駆け引きとは、

相手ディフェンスを惑わせるフェイント・テクニックのことです。

そして、

その時に使うフェイントやテクニックは、

相手との距離が、

近すぎても遠すぎてもいけません。

高い確率でフェイントにかかる、

相手を抜ける、

「絶妙な間合い」が存在するのです。

そしてそれは必ずしも選手皆が

同じ距離ではなく、

それぞれの選手に、

「それぞれの間合い」が存在します。

ドリブルを仕掛ける側(オフェンス)の

足の長さや、スピード、持っている技術

によってももちろん変わってきますが、

相手ディフェンスの足の長さや、

スピード、ディフェンス能力によっても

「絶妙な間合い」というのは、

微妙に違ってきます。

そして、この「絶妙な間合い」の

感覚を身に付けることが出来れば、

1対1において絶対的な自信が付くと共に、

かなり大きな武器になるでしょう。

もちろん、

今日1日だけでは、

この絶妙な間合い感覚を身に付けることは

難しいかもしれませんが、

僕が与えたヒントを子供達自ら考え、

そこに子供達のオリジナリティをプラスした、

成長した姿を、

次回また見れることをとても楽しみにしております(^^)

那覇プリテンは元々、

女の子のみのチームで発足したチームです。

そのこともあって女の子の選手が

とても多いチームであり、

本当に技術も高いです。

将来、未来のなでしこがこのチームから出てくると、

僕自身本気で思っています。

そして、このチームの目標は「日本一」。

とても大きな大きな目標ですが、

これはチームの皆で話しあって、

選手達で決めた目標だそうです。

目標を設定したチームの選手ももちろんですが、

その高い目標に対して

指導者は否定することなく、

指導者自らも本気でそれを目指し、

熱く取り組んでおられます。

本当に素晴らしいチーム、素晴らしい環境ですね(^^)

今回出張ドリブル塾を開催させて頂いた、

那覇プリテンの皆さん、保護者の皆様、塩川さん、

本当にありがとうございました!!!